×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日は昨年回った滝でいくつか写真を取り直したいと思い出かけた。とりあえず目指すは檜原村の竜神の滝・夢の滝・奥多摩町の小中沢不動滝だったが 車を走らせていたら8時まで通行止めのの表示 あっ!そうだった うっかり いつも何かしら一つ二つうっかりがある・・・ 時間調整をしようと思い 惣角沢の雨乞いの滝の上流の滝でも見に行くことに。上流の滝を見易くするための工事が行われその工事も終わったとのこと。車を北秋川藤倉へ進める。林道終点付近に車を停めそこから歩く。滝までは大体5分程。滝付近は周囲の光景が以前に比べると明るくなり雰囲気が変わっているような 以前の方が鬱蒼とした感じがありある種の神秘性を感じ良かった。とりあえず先に上の滝を見ようと新しくできた歩道をよじ登る。以前は登ったところに大岩があってそれを越えるのが危険だったがすっかり整備されていた。
下の雨乞滝も写真を撮りなおしてここを後にする。次に竜神の滝を目指し来た道を戻り今度は南秋川方面へ進む。車を走らせ山梨上野原方面への分岐にさしかかった時に そういえば山梨って近いんだと思い以前から行きたいと思っていた小菅村の音無の滝にも簡単に行けそうだったのでここでまた急遽予定を変更し夢の滝の撮影が終わったら音無の滝へ行くことにした。予定が変わるのはいつものことだが 我ながらよく気が変わることだ (苦笑)

この日はさすがGW中だったので朝が早いにもかかわらず道が混んでいる。こんな時間に車がつながっているのは初めて経験だ。車はいつものごとく数馬の湯第二駐車場に置かせてもらい川に下り撮影を済ませる。写真撮りなおしだが満足の行く写真は撮れなかった。次に夢の滝 車は奥多摩周遊道路旧料金所の先に車を停め撮影する。しかし日がもろに当たり上手く写真に収めることできない。ここへは夕方訪れたほうが良さそうだった。よく考えれば分かることなのに・・・またまたうっかりだ 汗


今回は滝を正面からも見ることができたのでちょっとは満足・・・ということにしてとっとと音無の滝を目指す。というのもお昼までには帰ると約束していたからだ。急がねば・・・車を上野原方面へ右折で入り峠を越えると小菅村方面の道路標識を見る。そこを右折で入る。道なりに進める。下調べをちゃんとしていなかったため入り口が分からないが長作という地域にあるようなので車をとにかく進める。すると20分位進むと長作観音というのが有った。でも滝の入り口が分からない。しばらく辺りをウロウロ 来る途中に観光案内の看板があったのを思い出し1キロほど戻る。看板にしっかり表示があった。長作橋の横から入るようだ。車を走らせ橋の近くまで行き近くを確認すると滝入り口の看板があった。車はその入り口近くに停め歩いて進む。どのくらい歩くのかも分からないがとにかく急いで歩く 途中結構な急坂を登り息が切れまだかなと思ったら目の前に看板が見えた。結局ここまで15分程でした。沢のほうへ近づくと意外と急な斜面が現れた。何とか降りれないかと斜面を目で追うと何とか降りれそうなルートが見えた。斜面を降りる

滝は新緑に映えとても綺麗 ちょうど滝つぼ辺りに虹が出ていた。写真に収めたかったが写るほどはっきりとは出ていなかった。でも滝つぼは光の加減でとても幻想的な光景だった。ちょうどドライアイスが溶けだし煙が出ているような様子だった。


滝は裏見ができる滝だったが周りに蜘蛛やらいろいろ虫がウヨウヨ居て降りる気が失せたので途中の斜面での撮影で済ませた。意外と綺麗な滝でここまで来て良かった大満足で来た道を引き返す。車に着いたら11時だった。急いで帰れば12時半くらいまでには帰れるだろうと我が家に戻った。