×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

天地沢滝探訪

今日も暑くなりそうだなということで 午前中の時間を利用して海沢・天地沢へ出かけてきました。天地沢は何度か出かけようとしていたんですが出会いが見つからず今回の訪問になりました。途中林道沿いに落ちている松姫の滝を見て行きました 今回はしっかり水が落ちていた
      
            
天地沢の出会いは上の写真のとおり小さい流れで合流しておりわかりずらいため林道を歩きながら時折沢を見下ろして確認する。出会い付近には釣り人に対する看板がありその付近から踏み跡をたどり下降すると写真中央のような橋に出会う。橋を渡り進んでいくとしっかりとした踏み跡が奥へと続いている。今回は沢を歩かずゆっくりゆっくりと踏み跡を辿って行く。この踏み跡は明瞭についており迷うことはない。途中いくつかの小滝を見ながら進んでいくと奥に人工のの建物が見えてくる。こんなところになんだろうと思うと看板があり水道の施設だとわかる。その手前から奥を見ると大きな白い一筋の線が見える かなり大きそうだ ここから先がどう進むか迷ったが対岸に渡りするとトラロープが残地されていた。それを利用しそこを超える。滝前に堰堤があり雰囲気を台無しにしているが そこを渡る時にちょっと注意が必要

             
堰堤を越えるとすぐ目の前には布滝が目の前にある。なかなかすばらしい滝だ。滝前にはちょっと嫌らしいへつりがあるがしっかりとホールドはあるので難なく越えられる。落ちたとしても高度はほとんどないので怪我をするほどでもないと思うけど・・・ただ落ちると間違いなく頭からずぶぬれになります 汗

             
布滝前にある堰堤

布滝 15m 
さて十分布滝を満喫したので次は古滝へ目指そうと思うがどうやっていくか 記録によると滝右横のガレを登ると書いてあるが独りなので怖い。来る途中に目に付いた仕事道がどこまで続いているか分からないが、また記録によると古滝までも登山道で行けるとある。その仕事道を辿ってみることに。進んでみると次の滝方向へどんどん進んで行けるのでたどってどんどん進むと木の橋が見えた。今にも崩れそうだが 崩れないでと願いつつゆっくり進む。渡りきるとまた少し急な登りがありそこには電線がロープの代わりに残置されていた。使うまでもなく登るとすぐに尾根のようなところに出会う。そこから大きな白い線が見える さっきのよりでかい。はやる気持ちを落ち着かせ尾根より下降する。ただ急な道なので念のためザイルを出しゆっくり下降する。
              

                      
 古滝20m

尾根から下降し沢に出る。濡れずにどう進むかかなり迷ったが何とか濡れずに滝の前に着いた。ここまでやたらと暑かったが流石に滝前では涼しい。しかもすごくきれいな滝だ。大感激で写真をしばらく撮りまくりゆっくり滝を眺めていたがいつまでもそうしていられず来た道を戻る。 滝前から離れると暑いこと暑いこと 沢装備で来るんだったかな・・・・汗
コースタイム
出会い 水道施設 布滝 尾根上 古滝 尾根上 出会い
9時10分 9時20分 9時25分-45分 10時 10時10分-40分 11時 11時15分